面接は自分の言葉で伝えることが重要

就職活動で避けては通れないのが面接になります。

面接は自分の言葉で伝えることが重要

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

面接は自分の言葉で伝えることが重要

就職活動で避けては通れないのが面接になります。面接は新卒採用、転職採用、中途採用等の全ての採用活動で行われています。面接対策として、事前に回答を考えている方は少なくないと思われます。聞かれる質問は大体同じなので、事前にどんなことが聞かれるかは予想できます。本番で何も言葉が出てこなくて、困るよりは事前に考えておくことは対策として有りです。ただ、一語一句完璧に覚えることはしないでください。

面接はどんな人物なのかを見られているので、一語一句覚えていてはロボットのようになってしまいます。覚えるといっても大体の内容を把握しておく程度にしてください。あとは自分の言葉で伝えることが重要になります。人物重視で採用する企業が増えているので、自分の言葉で表現しているかは意外と大事になります。面接で何も喋れなくなるのは問題ですが、完璧すぎるのも問題です。少しくらい言葉遣いがおかしくなっても大目にみてもらえます。

面接は自分がどんな人間なのかをアピールする場になります。勘違いしている方が多いですが、完璧な人を求めているわけではありません。まだ未熟な部分があっても、人間味が出ていたり、コミュニケーション能力が高く親しみやすい等の方が重視されています。したがって、伝えたいことは自分の言葉で話してください。
Copyright (C)2016面接は自分の言葉で伝えることが重要.All rights reserved.