面接は自分の言葉で伝えることが重要

圧迫面接に過度な不安を持つ転職者は非常に多いですが、むしろチャンスと考えましょう。

面接は自分の言葉で伝えることが重要

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

圧迫面接は誰に対しても行われるわけではない

圧迫面接に過度な不安を持つ転職者は非常に多いですが、むしろチャンスと考えましょう。圧迫面接は誰に対しても行われると言うわけではありません。採用に値すると判断された応募者だけに行います。不愉快な場面を設定するのは、期待の表れと考えるようにしましょう。圧迫面接を上手く乗り切るためには、相手の出方によってお礼とお詫びを使い分ける必要があります。採用担当者に間違いを指摘されたら、ご指摘ありがとうございますと返すのが基本です。感情的な口調で責められた場合は、申し訳ございませんと返すようにしましょう。

しかし、感情的な口調で責められると、思わずムッとしてしまいがちです。言うまでもありませんが、そう言う態度を少しでも出してしまうと、採用担当者の印象は悪くなります。また、40代前後の転職者の場合は、ただ謝るだけではいけません。20代の人のように素直さだけで勝負できるわけではないからです。40代前後なら、やはり理論的に反撃する打たれ強さをアピールしなくてはいけません。反撃と言っても、怒鳴り返すと言うわけではないです。まず、申し訳ございませんと言い、それから何がいけなかったのかを採用担当者に聞くようにしましょう。
Copyright (C)2017面接は自分の言葉で伝えることが重要.All rights reserved.