面接は自分の言葉で伝えることが重要

面接時に大切にしたいことが挨拶になります。

面接は自分の言葉で伝えることが重要

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

挨拶が大事になる面接です

面接時に大切にしたいことが挨拶になります。挨拶の声が小さかったり、聞き取りにくい発生をしていては、面接官に印象が悪くなります。そして、顔が面接官などに向いていなかったりすると、そもそもやる気を疑われてしまう傾向があります。これは面接全体の流れに影響することもあるので、必ず面接会場では面接官に向かって、ハキハキと明るい表情で挨拶をすることが大事です。あまり作った笑顔というのは不自然になりますが、口角を上げる程度の緩んだ表情で話をするように心がけると、好印象を与えることが出来ます。着席の声かけのとき、全てのアクションを指示待ちしている人もいます。こういった人は積極性が無いと判断されることもあるため、自分から挨拶をしっかりして失礼しますと言って、着席をするくらいの気構え必要になります。

そして、対面時の挨拶をする人は多いですが、実は帰りぎわの挨拶を緊張のために忘れてしまっている人が意外と多くいます。最後まで面接では気を抜かずに対応することが大事なので、挨拶というのは基本中の基本だと肝に銘じておくことが大事です。挨拶が元気よくできると、最初の出だしではとても交換を持ってもらえるので、緊張をほぐすためにも、最初の出だしの挨拶は元気良くすることです。
Copyright (C)2017面接は自分の言葉で伝えることが重要.All rights reserved.