面接は自分の言葉で伝えることが重要

面接が大好きで、毎日でも受けたいと言う人はいないでしょう。

面接は自分の言葉で伝えることが重要

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

面接への苦手意識は捨てよう

面接が大好きで、毎日でも受けたいと言う人はいないでしょう。苦手と言う人の方が圧倒的に多いです。苦手と言う人の多くは、社会経験の少ない就活生と言うイメージがありますが、そんなことはありません。30代や40代の社会経験がある人でも、面接に対して苦手意識を持っています。しかし、苦手意識は捨てなければいけません。受けたくないなと思っていると、どうしても表情は暗くなってしまいます。暗い表情からはやる気は感じられないでしょう。当然、採用担当者の目には良い風に映りません。また、緊張すると表情はこわばりがちです。

そんな状態で無理に笑顔を作って挨拶しても、演技をしていると見られるでしょう。それでは、採用担当者と信頼関係を築くことなんてできません。ですから、受けたくないと言う気持ちを捨てて、ここまで来れて嬉しいと考えるようにしましょう。考えてみれば、誰もが面接にたどり着けるわけではありません。書類選考の段階で落とされた人はたくさんいます。書類選考を突破したのですから喜ぶべきです。採用されるためには何を言っても受けなくてはいけないのですから、楽しめる心理状態で臨むようにしましょう。それが成功への第一歩と言えます。
Copyright (C)2017面接は自分の言葉で伝えることが重要.All rights reserved.