面接は自分の言葉で伝えることが重要

転職の時でも、パートやアルバイトの職を見つける時でも、必ず行なわれる試験が、面接試験です。

面接は自分の言葉で伝えることが重要

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

面接の時に無理はしないことが一番です

転職の時でも、パートやアルバイトの職を見つける時でも、必ず行なわれる試験が、面接試験です。学力があれば十分とか、体力があれば良いのではないかと考える人もいるでしょうが、採用する側としては、どんな人が採用試験に来ているのか知りたいと、考える訳です。そしてその採用試験に来ている人の中から、自社の雰囲気に適した人とか環境に合いそうな人を選ぶことになります。つまり、人間性の確認をすると言うことになるのでしょう。しかし、面接試験は上がってしまい嫌いと言う人も多いのが、現実です。そしてこの面接試験が、好きと言う人は誰もいないはずです。もしいるとすれば、口先の上手な危険な人と言えるのかも知れません。

そんな面接試験の流れですが、まずは服装、身だしなみです。リクルートスーツまでは言いませんが、派手な服装は厳禁です。落ち着いた色、紺であるとか濃いグレーの色のスーツが好ましいでしょう。髪の毛、ワイシャツ、ネクタイ、ベルト、腕時計、靴下、靴まで、全て気を使います。ヨレヨレのスーツに汚れた靴では、通る試験も通らずに落ちてしまうでしょう。

そして、言葉使いと態度になります。特に大きな声は、必要ありません。ですが、小さな声もいけません。無駄な話をしないことで、答えは簡潔にすることです。判らないこと、理解出来ないことは、ハッキリと言います。誤魔化すことは、禁止です。背筋を伸ばし、あまり足を広げないことです。正面を向き、堂々と話すように頑張りましょう。出来れば、にこやかに、です。
Copyright (C)2017面接は自分の言葉で伝えることが重要.All rights reserved.