面接は自分の言葉で伝えることが重要

人それぞれ目的の違いはあれど、就職(あるいは転職)面接には、一定の緊張や不安がつきものになります。

面接は自分の言葉で伝えることが重要

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

就職面接のポイントについて

人それぞれ目的の違いはあれど、就職(あるいは転職)面接には、一定の緊張や不安がつきものになります。実際に就職の合否の相応なウェイトを、面接試験が占めている企業もあり、気の抜けない所でもあります。実際に就職面接のポイントについて、ここから3つ挙げて考えていきます。まず1つ目のポイントです。これは心構えになりますが、可能な限り普段通りの精神状態で臨むことが、一番正解に近いように思えます。というのも、緊張し過ぎや、逆にリラックスし過ぎでは、十分な表現ができないと考えるからです。自分の心身を可能な限りフラットに持っていくように心がけましょう。2つ目は、自分がほかの人とは違う部分を、端的に伝えられるようにすることです。他人との差別化ともいいましょう。それは、資格でもこれまで積んできたキャリアでも構いません。なるべく具体的なメッセージを伝えましょう。

3つ目は、志望動機を適切に言語化することです。その企業になぜ入りたいのか、不透明な人を雇いたいと思う人はいません。当たり前のようですが大切なことです。以上、3点を心がけるだけでも、就職面接にいい影響を与えることでしょう。自分の希望する企業に就職できるよう、各自どのように面接に取り組むか考えていきましょう。
Copyright (C)2017面接は自分の言葉で伝えることが重要.All rights reserved.