面接は自分の言葉で伝えることが重要

どんな場面でも第一印象が重要になる、これは誰もが知っていることでしょう。

面接は自分の言葉で伝えることが重要

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

就職や転職面接では第一印象がとても大切

どんな場面でも第一印象が重要になる、これは誰もが知っていることでしょう。とくに、就職や転職面接では、第一印象がとても大切になってきます。それにもかかわらず、好印象を与えるための準備をしっかりしない応募者が多いです。30代や40代の転職者は、スーツさえきちんと着ていればいいと考えがちですが、そのような考えではいけません。30代、40代の人は若い人よりもはるかに厳しく見た目をチェックされます。採用担当者からどう見えるかを強く意識しましょう。好印象を抱いてもらえないと、粗探しをされます。採用される確率は低くなるでしょう。

では、好印象を与えるにはどうすればいいのか、これを知りたいと言う人は多いでしょう。好印象を与える3大要素と言うものがあります。明るさとさわやかさとハツラツ感です。とくに、30代や40代の転職者は、さわやかさとハツラツ感を出すことを意識しましょう。さわやかさとハツラツ感は、どうしても20代の人には敵いません。さわやかさは清潔な身だしなみがポイントになりますが、礼儀正しさも重要です。ハツラツ感を出すには、目力とキビキビした身のこなしが大事になってきます。さらに、滑舌の良さも必要です。
Copyright (C)2017面接は自分の言葉で伝えることが重要.All rights reserved.