面接は自分の言葉で伝えることが重要

やはり、高校受験や大学受験、就職試験において、「面接」は必須です。

面接は自分の言葉で伝えることが重要

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

面接をすることによって

やはり、高校受験や大学受験、就職試験において、「面接」は必須です。その他でもアルバイトや、日雇いなどでもよく行われます。どうして、そこまでして面接をするのでしょうか。大体、受験などの場合は書類審査があるため、書類を見て判断するでしょう。しかし、書類だけでは、その人の良さやどのような雰囲気の人なのかが分かりません。書類では、「とても明るく誰にでも積極的に話すことができる」と書いていても、実際に会ってみると雰囲気が暗く、声も小さく、とても書類のイメージと違うといったことも多くあるはずです。

そのために、面接は「その人の人格を見る」ためにも大切なことです。「面接が大事」と言われるのは、書類で良いイメージでも悪い印象になってしまうかもしれないし、悪いイメージでも良い印象に変わったりすることがあるからです。むしろ、「面接で決まる」と言っても過言ではないのかもしれません。

もちろん、受ける側の人が緊張するのは当たり前ですが、面接官も初対面ですから少しは緊張もあるはずです。自分が選んだ人がどれだけ活躍してくれるかが決まる大事なところだからです。その大事な場面でどのように良い印象をつけるかが重要な鍵になると考えます。あまり、大袈裟に話を盛ったりするのは良くありません。いつもの素の自分で自分の良いところや、強みを相手にわかりやすく伝えることが面接で一番大事なことではないのでしょうか。
Copyright (C)2017面接は自分の言葉で伝えることが重要.All rights reserved.